生きる意味を教えてくれる絵本【100万回生きたねこ】

心のサプリ

絵本って、オトナになってから読み返してみると、子どもの頃とは違って深く考えさせてくれるところがあったりしますよね。

1977年に初版が発行されてから220万部以上を売上げている、絵本の中では異色のベストセラー【100万回生きたねこ】

私がこの絵本に出会ったのはオトナになってからなのですが、後半はポロポロと涙を流しながら読み終えました。

【100万回生きたねこ】は、人生に悩むオトナに大切なことを教えてくれる絵本です。

スポンサーリンク

 

【100万回生きたねこ】のあらすじ

あるところに、立派なトラねこがいました。

彼は100万回も死んで、100万回も生き返ってきたのです。

彼が死ぬたびに、100万人の飼い主たちは泣いてきました。

でも、彼は一度も泣いたことがありませんでした

 

なぜなら、彼は飼い主たちが嫌いだったから。

・戦争が好きな王様
・世界中を渡る船乗り
・サーカスの手品師
・どろぼう
・ひとりぼっちで暮らすおばあさん
・ちいさな女の子

みんなのことが嫌いだったので、ある日ねこは誰にも飼われない『のらねこ』になります。

 

初めて自分のねこになった彼は、自分のことを大好きになります

 

立派なトラねこなので、その奥さんになりたいメスねこたちが、様々なプレゼントを持ってアプローチしてきます。

でも彼は自分自身が大好きだったので、そんなメスねこたちに見向きもしません。

 

ある日、そんなモテモテの彼に見向きもしない、白ねこが現れます。

彼はその白ねこのことが好きになり、そばでずっと過ごすようになりました

 

やがて白ねこはたくさんの子どもを産み、彼は白ねことその子どもたちのことを、自分よりも好きになります。

 

子どもたちが大きくなって独立し、おばあさんになった白ねこはある朝、動かなくなっていました

いままで100万回死んでも泣かなかった彼は、このときに初めて涙を流すのです。

 

朝も泣き、夜も泣き、100万回泣いた彼は、静かに動かなくなります

そして、もう二度と生き返りませんでした。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

100万回生きたねこ (講談社の創作絵本) [ 佐野 洋子 ]
価格:1540円(税込、送料無料) (2021/1/17時点)

 

 

100万回生きかえって初めて知った、愛することの大切さ

この物語の中で大きな変化が起こるのは、トラねこが白ねこに恋するシーンだと、私は思います。

いままでいろいろな飼い主に愛されてきたけれど、自分のことだけが大好きだった彼。

 

言い寄ってくるメスねこたちに見向きもしなかったのに、自分に無関心な態度を取る白ねこのことが気になってしょうがないのです。

『オレって100万回も生き返ったんだぜ!』とか
『サーカスにも出たことあるんだぜ!』とか

いくら自慢話をしても『そう。』としか言わない白ねこに腹を立て、
おしゃべりを繰り返し、
最後には『そばにいてもいいかい?』って聞く
のです。

ここは『ぷっ』って笑っちゃうのだけど、それに対してひと言『ええ。』とだけ答える白ねこがまたカッコいい(笑)

 

やがて

ねこは、白いねことたくさんの子ねこを、自分よりもすきなくらいでした。
<100万回生きたねこ>

 

いままで自分のことだけを好きだった彼が、白ねこに出会い、家族を持ち、自分よりも大切な存在を見出すことができるようになったのですね。

 

スポンサーリンク

 

100万回目の人生でやっとみつけた【心の充実感】

100万回も生きてきたなかで、初めて感じた『愛情』

100万回も生きてきて、初めて流した涙。

 

いままでの人生と全く違った感情を持つことができたトラねこはきっと、100万回目の人生に満足したのでしょう。

ねこはもう、けっして生きかえりませんでした。
<100万回生きたねこ>

 

100万回死んでもその度に生き返ってきた彼は【心の充実感】を探し求めていたのではないでしょうか?

 

100万回生きてきて初めて、愛すること・大切な存在を感じることができたのです。

自分よりも大切な存在を得て、しあわせな人生を送ることができて『十分に生きた』と感じることができたから、もう二度と生まれ変わる必要はなくなったのでしょう。

 

生きがいとは、自分よりも大切な人を見つけること

なんのために生きているのだろう?

しあわせってなに?

そんな風に思い悩みながら生きている人ってたくさんいますよね。

 

私自身も、深い心の病気を抱えていた頃は『生きている意味がわからない』と、毎日自分を責めていました。

そんな私が『生きていてよかった』と思えたきっかけは、7年半もの間距離を置いていたカレから『がんの治療を受ける』という連絡があったこと。

それまで自分自身の命を絶つことばかり考えていたのに、『この人の命を助けなければ!』と試行錯誤を始めたのです。

この絵本に出会ったのは、その頃でした。

 

 

絵本や物語って人によって解釈は違うと思うので、これは私自身が感じたことです。

自分よりも大切な人を想う。

自分以外の人のために涙を流すことができる。

それに気づくことができたら、あなたのことを想ってくれる人・あなたのために涙を流してくれる人がいることにも、きっと気づくはずです。

 

『星の王子さま』が教えてくれる【大切なもの】はこちらからどうぞ↓↓↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました