あなたに合った【ストレス解消法】ストレスとの上手な付き合い方

心のサプリ

【ストレス社会】とも言われる現代。

マイペースに過ごそうと試みても、周囲を気にせずに生活するというのは社会生活を送る上でなかなか難しいものです。

すべてのストレスを正面から受け止めるのではなく、サラリと受け流すことが大切。

ここでは【ストレス】がどういったものであるかを知り、それを少しずつ解消しながら、軽やかに過ごすためのヒントをご紹介していきます。

 

スポンサーリンク

 

そもそもストレスとは何?

【stress】(ストレス)っていう言葉は、もともと物理学の分野で使われていました。

ストレスとは、物体の外側からかけられた圧力によって歪みが生じた状態のこと。
<引用:『こころの耳』厚生労働省>

たとえば、膨らんだ風船をギューって押すと形がゆがみますよね?

その風船に圧力を加えている手がストレッサー

それによって風船がゆがんだ状態をストレス反応、と言うのです。

 

あなたの心に圧力がかけられて、心がギューって萎縮してしまった状態がストレスを受けている状態ですね。

 

ストレスの原因

では、あなたの心に圧力をかけるものとはなんでしょう?

それは、大きく分けて2種類に分けられます。

生活に大きな変化があったとき

 

生活が大きく変わる出来事です。

家族や大切なペットの死、思わぬ怪我や病気、大きな災害、退職や転職などですね。

ストレスと聞くとマイナスイメージばかりが先行しますが、結婚】や【引っ越し】など新しい生活における変化も実はストレスとなっているのです。

 

毎日繰り返される日常的な出来事

毎日の仕事や勉強、それに伴う人間関係、通勤時の混雑など、決して気分がいいとは言えないことが繰り返されることもストレスとなります。

女性であれば、毎日の家事や育児なども含まれますね。

 

とは言えあなたの健康状態が良好であるならば、多少の変化や刺激は生活の張りとなります

ところが、心と身体が弱っているときに強い刺激が加わると、それに適応できずにいろいろな影響が出てくるのです。

 

心身に現れるストレスのサイン

あなた自身が気付かないうちに現れているかもしれない、心や体から発せられているサインを見てみましょう。

身体に現れる変化

頭痛・肩こり・めまい・食欲不振・耳なり、など。

心が委縮し続けることで血行が悪くなるので、身体の隅々に婦長が表れてきます。

心に現れる変化

不安や悲しみ・イライラする・ヤル気が起きない、など。

行動に現れる変化

不眠・集中力の低下・飲酒や喫煙の増加など。

 

上記に挙げた心身からのサインに、自分自身で早いうちに気付くことが大切です。

これらの症状が積み重なって限界に達すると【うつ】という心の病に侵されてしまうのです。

そうなる前に、少しずつストレスを解消していきましょう。

 

スポンサーリンク

 

お手軽ストレス発散法

ご紹介してきた通り、日々溜まっていくストレスは毎日少しずつ解消していくことが大切です。

生活のなかで簡単にできる【ストレス解消法】をご紹介しますね!

深呼吸する

【息を吸って息を吐く】

一見何でもなさそうなことですよね。

呼吸って、常に無意識に行っています。

でもこれを意識して行うことで、心に変化が起こります。

巷では【マインドフルネス】とか【瞑想】という言葉が流行していますが、これって『いまこの瞬間に集中する』っていうことなのです。

【息を吸って息を吐く】

これに集中することで頭の中がクリアになり、ストレスを溜めにくい心を作るのですね。

いちばん簡単なやり方は

【3秒吸って、3秒止めて、6秒吐く】×5回

これでたったの1分です!

ちょっと疲れちゃったなって感じたら、とりあえず1分呼吸を意識する。

これを1日に何回か行っていけば、ストレスに強い心が作られていきますよ!

 

とにかく寝る

現代人は、圧倒的に睡眠時間が足りていないと言われています。

最低でも6時間の、質のいい睡眠が必要なのです。

 

朝起きたときに『あぁ~よく寝たなぁ~』って最後に感じたのはいつでしょう?

隙間時間ができるとついつい見てしまうスマホ。

そこから発せられるブルーライトがあなたの自律神経を刺激して興奮状態となり、睡眠の質を下げることにつながっているようです。

寝る前2時間はスマホを見るのをやめて、リラックスした状態でベッドに入りましょう。

そうすることで睡眠の質を高めることができます。

 

散歩する・身体を動かす

運動することがうつ病治療に効果的であるという実験結果が報告されています。
<引用元:心を強くするには運動が欠かせないワケ>

運動といっても、激しいスポーツをする必要はありません。

 

いちばん手軽で効果的なのは散歩

脚の筋肉を使うことで、脳内に【セロトニン】が分泌されます。

【セロトニン】とは、しあわせホルモンとも呼ばれる脳内物質。

【セロトニン】が分泌されることでストレスホルモンの働きを沈めてくれるので、気持ちがモヤモヤしたらとりあえず散歩に出かけましょう。

 

近所を少し歩くだけでも頭がスッキリしますよ。

 

ゆったりとした音楽を聴く

癒し系の音楽を聴くことでリラックスできると、心拍数が下がります。

音楽=音って空気の振動なので、ゆったりとした波動が脳に届くことでリラックスできるんですね。

みぃも、頭がキリキリするときは
水の流れる音や鳥のさえずりに包まれる音楽
を聞いています。

 

みぃがよく利用しているYouTubeチャンネルはこちらです↓↓↓

Relaxing Music & Rain Sounds – Beautiful Piano Music, Background Music, Sleep Music • You & Me
鳥のさえずりと一緒に朝の瞑想の音楽🎵3時間穏やかな音楽、ポジティブなエネルギーを満たしてくれるピアノ音楽 Morning Relaxing Music、Birds Sounds

 

 

泣く

感情を涙というカタチにして身体から放出するのもおすすめです。

『泣いたらなんだかスッキリしたわ』っていう経験のある方もいるのでは?

 

ときには家でゆっくりと【泣ける映画】を観て、涙を流すのもストレスの解消になりますよ

 

 

ストレスと上手に付き合って平穏な日々を

ストレスと接することなく生活すのはほぼ不可能といえる現代。

でも、やり方次第でストレスを軽減することはできます。

 

楽しく生活するコツは、ストレスを溜めすぎないこと。

ストレスがちょっと溜まってきたら排出するっていうことを心がけてみてくださいね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました